手作りのバースデーカードで大失敗

誕生日メッセージ logo_banner

手作りのバースデーカードで大失敗


当時お付き合いをしていた彼の誕生日に、
手作りのバースデーカードをプレゼントした事がありました。

一緒に過ごす誕生日は五回目で、正直ネタ切れで目先の変わった事がしたかったのです。
基本的に私は手先が器用な方なので、作る分には何の問題もありませんでした。

ペーパークラフトの本を見ながらですが、我ながら凝ったものが出来たと思います。
私が作ったバースデーカードは、半分に折られたカードを開くと、
花束を持ったウサギとHAPPY BIRTHDAYの文字がポップアップする仕組みでした。

周りにはセロファンを使った風船が飛んでいて、
ウサギの背後にはお花畑と蝶々が描いてあります。

なかなかカラフルで、開いた瞬間のインパクトは満足いくものとなりました。
しかし、問題は私に時間が無かった事でした。

彼と会う約束の時間ギリギリまで制作をし、滑り込みセーフで完成させたのです。
これが大失敗の元となってしまいました。

誕生日の夜、彼とレストランで食事をした後、いよいよカードを渡す時。
開いた瞬間の笑顔を想像していた私に、思わぬ事が起きたのです。

なんと、時間一杯まで制作していたお陰で、
一部の糊が乾いておらずカードは半分に畳まれたまま開かないではないですか。
更に、彼が無理に剥がした結果、目も当てられない事になってしまいました。

手作りバースデーカードは早めに制作。
これが、その失敗から学んだ教訓です。 あの瞬間は、本当に気まずかったです。


 
 
[ スポンサーリンク ]
メッセージリング
 
logo_banner